年代別プレゼントの選び方

父の日のプレゼント

黄色いバラの花

6月の第3日曜日の「父の日」は、「父親を尊敬し、称え祝う日」となっています。

そこで悩むのがお父さんへのプレゼント。

お父さんが喜ぶものは、やはり年代によって微妙に違うようです。

父の日のプレゼントに人気のグッズ、お父さんが喜びそうなグッズを年代別にご紹介していますので、参考にしてみてください。

 

20代のお父さんへのプレゼント

「お父さん、ありがとう」の気持ちが素直に伝わるものを!

>>20代のお父さんへのプレゼント・選び方

30代のお父さんへのプレゼント

気持ちがこもったものなら、どんなものでも喜んでくれます。

>>30代のお父さんへのプレゼント・選び方

40代のお父さんへのプレゼント

お父さんの好きなものをメインに選んでみよう。

>>40代のお父さんへのプレゼント・選び方

50代のお父さんへのプレゼント

健康関連グッズや家でリラックスできるグッズもおすすめ

>>50代のお父さんへのプレゼント・選び方

60代のお父さんへのプレゼント

まだまだ若いお父さんに、感謝の気持ちを伝えよう。

>>60代のお父さんへのプレゼント・選び方

70代のお父さんへのプレゼント

お父さんが没頭しているものや、好きな趣味に関連するグッズがおすすめ。

>>70代のお父さんへのプレゼント・選び方

80代以上のお父さんへのプレゼント

高額なものより、気持ちのこもったものが喜ばれます。

>>80代以上のお父さんへのプレゼント・選び方

 

父の日の由来

父の日は、アメリカのジョン・ブルース・ドット婦人の提唱により生まれたとされています。 ドット婦人の父(ウィリアム・ジャクソン・スマート)は、南北戦争から復員後、妻に先立たれ、6人の子を男手一つで育て上げました。

6人兄弟の末娘であったドット婦人は、再婚もせずに苦労しながら子供たちを育て上げた父親の愛情と努力に感謝するため、「母の日のように父に感謝する日を」と、牧師教会に願い出ました。

そして、1910年6月19日に最初の祝典が行われ、1916年にはアメリカ全土で父の日の行事が行われるようになりました。アメリカではその後、1972年に正式に父の日がアメリカ国民の祝日となりました。

日本では、父の日は1950年頃から広まり始め、1980年代になって一般的な行事となりました。現在では、アメリカと同様に6月の第3日曜日が父の日と決められ、国民の祝日となっています。

父の日に贈る花は?

母の日のシンボルはカーネーションですが、父の日はバラの花がシンボルとなっています。父の日の提唱者であるドット婦人が、父親の好きだったバラを選んで、白いバラを父の墓前に供えたことに由来します。

そのようなエピソードから、父親が亡くなっている人は白いバラを、健在な人は赤いバラを父の日に贈るという説もありますが、バラの色については明確な決まりはありません。日本では黄色のバラを贈る人が多いようですが、白やピンク、赤のバラを贈る人もいます。

また、最近はバラではなく、ひまわりやユリ、ランなどを贈る人も増えています。父の日に贈る花は、数種類の花を花束にして贈ったり、他のプレゼントに添えたり、鉢植えの状態で贈ったりとさまざまです。

結論として、お父さんが好きな色の、好きな花を、好きな形で贈るのが一番いいようです。

 

父の日・おすすめ情報

花束・花のアレンジ
こちらのショップなら、ネットから注文するだけで、近くのお花屋さんから新鮮なお花が届きます。


お花と一緒に何かを贈るなら
日比谷花壇の父の日特集では、お花と一緒にグルメやお酒、雑貨などを贈ることができます。
日比谷花壇_父の日ギフト_フラワーギフト

カタログギフトもおすすめ
グルメやワインなど、お父さんに好きなものを選んでもらうことができます。
食事券や温泉券のプレゼントも人気です。
贈り物のコンシェルジュ リンベル

 

父の日のプレゼント・MENU