敬老の日のプレゼント・選び方

敬老の日のプレゼントを選ぶ前に

敬老の日には、大好きなおじいちゃん・おばあちゃんに喜ばれるプレゼントを贈ってみませんか?

敬老の日は、気候も穏やかな9月の第3月曜日となっています。この日は、長く社会のために尽くしてきた高齢者を敬い、長寿を祝うための国民の祝日となっています。

敬老の日のプレゼントに人気のグッズ、おじいちゃん、おばあちゃんが喜びそうなグッズをご紹介していますので、参考にしてみてください。

敬老の日のプレゼント・選び方 目次

敬老の日の由来

敬老の日の起源として、2つの説が伝わっています。
ひとつは、聖徳太子が大阪に四天王寺を建てた時、四天王の名にちなんで悲田院という今でいう老人ホームのようなものを開いたのが9月15日であったという説。もうひとつは、元正天皇が717年に「万病を癒す薬の滝」といわれる岐阜県の養老の滝を訪れ、元号を「養老」と改めたことにちなみ、9月15日を敬老の日に定めたという説です。

敬老の日にお祝いをするようになったのは、1947年(昭和22年)、兵庫県多可郡野間谷村で、「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と、9月15日を「としよりの日」と定め、敬老会を開くようになったのが最初と言われています。

その後、1950年(昭和25年)からは兵庫県全体で行われるようになり、後に全国に広がるようになりました。しかし、「としより」という表現はふさわしくないということで1964年(昭和39年)に「敬老の日」と改称され、昭和41年に「国民の祝日法」が改正され、「老人を敬愛し長寿を祝う日」として国民の祝日となりました。

その後、2002年までは9月15日が「敬老の日」でしたが、2003年からは祝日が移動になり、9月の第3月曜日が「敬老の日」ということになりました。

敬老の日に贈る花は?

母の日にはカーネーション、父の日にはバラ。では、敬老の日に贈る花は?

実は敬老の日に贈る花は、特にきまったものはありません。
一般にバラやユリ、ランなどが選ばれますが、リンドウやコスモスなどの秋の花もよく選ばれます。生花を花束にしたもののほか、鉢植えの花、盆栽なども喜ばれます。

また、生花のみずみずしさを保ったままのプリザーブドフラワーは、水をあげる必要もなく、手入れも簡単なので選ぶ人も増えてきました。 色々な種類の花がありますが、おじいちゃん、おばあちゃんが好きな花を選んであげるのが一番ですね。

敬老の日プレゼント・おすすめの通販ショップ

プリザーブドフラワー
本物のお花を加工して作ったプリザーブドフラワーは、お水をあげなくても枯れません。敬老の日のプレゼントには、スイーツとフラワーのギフトセットが人気です。

敬老の日に、感動を届けるプレゼントとしておすすめです。

おすすめギフト

ギフトモールには、あらゆるシーンのあらゆるプレゼントグッズが揃っています。名入れグッズも豊富。

敬老の日にプレゼントしてみませんか?

プレゼントを自分でラッピングしたい方のために、ラッピング用品専門店のご紹介です。

↑ PAGE TOP