年代別プレゼントの選び方

母の日のプレゼント

カーネーションの花

5月の第2日曜日は母の日です。
母の日は、「日頃のお母さんの愛情に感謝し、その気持ちを伝える日」とされています。

そこで悩むのがお母さんへのプレゼント。
定番はカーネーションの花ですが、お母さんが喜ぶものは、やはり年代によって微妙に違うようです。

母の日のプレゼントに人気のグッズ、お母さんが喜びそうなグッズを年代別にご紹介していますので、参考にしてみてください。

 

20代のお母さんへのプレゼント

気持ちがこもっていれば、どんなものでも喜んでもらえます。

>>20代のお母さんへのプレゼント・選び方

30代のお母さんへのプレゼント

母の日にお手伝いをしてあげるだけでもOK。

>>30代のお母さんへのプレゼント・選び方

40代へのお母さんへのプレゼント

お母さんに、感謝の気持ちをしっかりと伝えよう。

>>40代のお母さんへのプレゼント・選び方

50代のお母さんへのプレゼント

メインのプレゼントグッズにお母さんの好きな花を添えて贈ってみよう。

>>50代のお母さんへのプレゼント・選び方

60代のお母さんへのプレゼント

現在のお母さんの状況を考慮すると選びやすくなります。

>>60代のお母さんへのプレゼント・選び方

70代のお母さんへのプレゼント

お母さんが気に入っているものや、好きな趣味に関連するものがおすすめ。

>>70代のお母さんへのプレゼント・選び方

80代以上のお母さんへのプレゼント

高額なものよりも気持ちのこもったものがおすすめです。

>>80代以上のお母さんへのプレゼント・選び方

 

母の日の由来

母の日は、20世紀の初めごろにアメリカに住むひとりの女性の行動がもとになって作られたとされています。

アンナ、ジャーヴィスという名のその女性は、自分を苦労して育ててくれた亡き母の命日に教会に行き、たくさんの白いカーネーションを祭壇に飾りました。

それが参列者に大きな感動を与え、やがて全米に広がって行きました。そして1914年、アメリカ議会は5月の第2日曜日をお母さんに感謝の意を示す「母の日」として制定しました。

その後、この「母の日」の行事は世界中に伝わり、日本では大正時代に広く国民に知られるようになりました。

母の日に贈る花は?

アメリカで母の日が制定された当初は、母親が健在な人は赤いカーネーションを胸に、母親が故人である人は白いカーネーションを胸に飾っていました。

やがてカーネーションの花を母親本人に贈る習慣へと変わってきました。現代では、赤いカーネーションの花束か鉢植えが一般的ですが、花の色にはあまりこだわらなくなってきています。

さらにカーネーションばかりではなく、バラやユリ、ラン、チューリップなど、母親が好きな花を選ぶ人が増えてきました。また、メインのプレゼントを決め、それにカーネーションなどの花を添えるという贈り方も一般化してきています。

 

母の日・おすすめ情報

母の日のプレゼントとして人気のお花をチェックしたい方は、こちらからどうぞ。
日比谷花壇

お料理好きなお母さんにとって、エプロンは何枚あっても困りません。カーネーションのお花を添えて、おしゃれなエプロンを贈ってみませんか?

 

母の日のプレゼント・MENU